いらなくなった衣類、なるべく高く売るポイント

>

諸経費は減らす

買取不可

買取業者に査定してもらって買取できないと言われ衣類を返品されてしまったら、別の違う買取業者のお店に査定の再トライをしましょう。
売れる商品であるためにも、持って行くその季節の衣類を持ち込む方が良さそうです。
売れ残って在庫保管も大変なためでしょうか?
個別に査定して買取不可の衣類などは、まとめてキロ当たりの値段をつけたり、量り売りのような引き取り方をするリサイクルショップもあるそうです。
衣類の処分に困って、無料で引き取ってもらえるだけでもいい人は、助かるかもしれません。
買取業者が買取れない古着等の場合は、破れや傷みや繊維が伸びて変形して着れないような衣類です。
汚れやカビ等のひどいものや、匂いがきつい物や、濡れた状態の物や、新しいものでない下着類等、マナーやプライバシーの観点で判断して持ち込みましょう。
査定する人とマナーをもって接することも、高額査定に関わるので態度を改めましょう。

古着の重さで

古着類の買取金額の判断基準は重さの時もあります。
古着の1キロ程度の買い取り額は数百円までです。
Tシャツなどの約十枚くらいの重さです。
売れないものでも無料で引き取ったり、1キロで数円程度で買い取ってくれる業者もあります。
返品されるのは自分で処理に困るので避けたいのであれば、お店の情報であらかじめ確認しておきましょう。
衣類を買取のために選別して片付ける時は、いらない衣類を複数の大きな紙袋などに区分してまとめていきます。
ここからは一応は買取業者に売ると考えて、古着商品として1枚ずつ念入りにチェックして、綺麗に折りたたんで区別して紙袋に入れます。
ボタンが取れていたり、破れや汚れやシミもあって物質的に着れなさそうであれば、自分で処分すると判断しましょう。
ブランド品は全て買取業者に持ち込んでみるのも。


この記事をシェアする